転職











転職サイトおすすめ


















就職shop







リクルートキャリアが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービス




20代 第二新卒・既卒・フリーター・社会人経験がなくても正社員就職をサポート




◎書類選考なし




学歴や資格ではなく・人柄や意欲を評価する企業のみ




◎担当者が企業のこと、仕事内容を直接丁寧に取材。給与や職種のような基本的な情報だけでなく、




職場の雰囲気や具体的な働き方なども紹介






◎一般的に若手で採用されやすい営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数あり









就職shop 詳細はこちら






https://www.ss-shop.jp/














JAC Recruitment-ジェイエイシーリクルートメント-








英語を活かす仕事・外資系企業・海外への転職に強いJAC Recruitment Group




年収800万円以上の求人多数




650人以上のコンサルタントが転職をサポート




希望の業種・職種別に転職支援のプロフェッショナルがバックアップ




今すぐ転職を考えていなくても、今より良い求人があれば転職したい・時間がなく電話で面談したいなど




個人の希望に合わせたカウンセリングが可能







ジェイエイシーリクルートメント・無料転職相談はこちら






https://www.jac-recruitment.jp/












リクルートエージェント







転職のリクルートエージェントは約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1









一般公開している求人・非公開求人含め・10万件以上の転職求人情報







※応募が殺到しすぎるお宝求人・企業戦略上一般公開できない重要求人・非公開にせざるを得ない魅力的な求人も多数)







各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介







求人の紹介だけではなく職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポート








リクルートエージェント 無料転職相談はこちら







http://r-agent.com/









まずは転職求人を探したいという方へおすすめリクナビNEXT・スカウト機能を利用すれば企業から直接オファーがくる場合もあり







リクナビNEXT・無料登録はこちら













DODAエージェントサービス




転職のプロに相談できる転職サイト・業界・職種に精通した



専任のキャリアアドバイザーが応募書類の書き方指導や、



万全の面接対策/客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイス






DODA 無料転職相談はこちら






https://doda.jp/











パソナキャリア





正しい転職とは何か。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度から





キャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランをアドバイス




業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人







パソナキャリア 無料転職相談はこちら







http://pasonacareer.jp/













































20代 転職サイトランキング

確かに、就活の初期は「絶対やってやるぞ」そんなふうに燃えていたのに、何度も採用されないことが続いて、近頃ではもう担当者の話を聞くことすら恐怖でできなくなっているのが本音です。
度々面接の進言として「自らの言葉で話しなさい。」という内容を見かけることがあります。それにも関わらず、受け売りでない自分の言葉で話しをするということのニュアンスが理解できないのです。
【知っておきたい】内々定って何のこと?新規学卒者に関する採用選考での企業同士の倫理憲章(取り決め)に、正式な内定日はどんなに早くても10月1日以降でなければならないと規定されているので、まずは内々定というかたちをとっている。
【就職活動のポイント】第二新卒。「新卒者として一度は就職したものの約3年以内に離職した若者」を指す。これは近頃数年で退職してしまう新卒者が増加傾向にあることから、このような名称が生まれたのでしょう。
確かに、就職活動は、面接受けなきゃならないのも応募したあなたですし、試験するのも応募した自分だけです。けれども、気になったら信頼できる人に相談するのもお勧めすることができます。
面接試験というのはわんさと面接の方法が取り入れられているのでここで、個人面接や集団面接、加えて最近増えているグループ討論などをメインとした案内がされているので参考にしてはいかがでしょう。
【トラブル防止のために】第一希望からの連絡でないということが理由で内々定についての意思確認で悩むことはありません。すべての活動が終わってから、見事内々定をもらった応募先企業の中から選ぶといいのです。
告白します。仕事探しをしているのなら、自己分析(キャリアの棚卸)をやっておくといいのではと聞いて実行してみたのだけれども、はっきり言って期待外れで何の役にも立つことはなかった。
【用語】内々定は、新規学卒者に関する採用選考等に関する企業と企業の倫理憲章に、正式な内定を連絡するのはどんなに早くても10月1日以降ですと定めているので、仕方なく内々定という形式をとっているということ。
「志望している職場に対して、おのれという人的資源をどのくらい剛直で華麗なものとして言い表せるか」という能力を高めろ、ということが早道となる。
【就職活動のポイント】選考の際に応募者だけのグループディスカッションを行っているところは増えている。採用担当者は面接だけではわからない個性などを見ておきたいというのが目的なのである。
【就活Q&A】絶対にこのようなことがしたいという具体的なものもないし、あれも良さそう、いや、これも良さそうと思い悩むあまり、とうとう本当は何がしたいのか面接で整理できず伝えられないのです。
自分を振り返っての自己判断が問題だという人の持論は、自分に適した仕事を探究しながら自分自身の特色、関心を持っている点、売り物をわきまえることだ。
何か仕事のことについて話す節に、あまり抽象的に「どういった風に思っているか」だけでなく、そこに具体的な逸話を入れて告げるようにしてみてはいかがでしょう。
【応募する人のために】選考の一つの方法として応募者だけのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を導入している企業は多くなっている。担当者は普通の面接だけではわからない個性や性格などを観察するのが目的です。